コンブチャとは?

コンブチャと聞くと、昆布茶と同じもののように思いますが、それとはまったく別なものです。
コンブチャとは、モンゴルが発祥のもので、ロシアでは伝統的に飲まれている発行飲料になります。
実は、日本でも昭和40~50年代に流行した、紅茶キノコと同じものです。

 

コンブチャは、紅茶もしくは緑茶に砂糖を加え、そこにゲル状の菌を加えて発酵させた飲み物です。
そんなコンブチャの効果は、色々な効果があります。
効果は、整腸効果や美肌効果、キレイな髪や爪、疲労回復があります。

 

コンブチャに含まれる成分には、ポリフェノールや酵素、乳酸菌、ビタミン、ミネラル、アミノ酸がああります。
これらの成分が、色々な効果にあらえあれてくるのです。

 

コンブチャの特徴として、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールの代表的な効果は、抗酸化作用です。
ポリフェノールを取ることで、細胞の老化防止となり、美肌効果などが期待できます。

 

また、コンブチャには、植物由来の酵素が200種類以上含まれていると言われています。
酵素には、大きく分けて2種類の酵素があります。
消化酵素と代謝酵素です。
年齢を重ねると基礎代謝が下がり、太りやすくなります。
酵素を取ることによって、基礎代謝の低下をサポートしてくれるので、太りにくくなるのです。
さらに、コンブチャに含まれる乳酸菌により、便秘を改善してくれます。
この乳酸菌には、ビフィズス菌が含まれています。
実は、たくさん食べても太らない人は、共通してビフィズス菌の保有数が多いという研究結果が出ています。
ビフィズス菌を取ることで、太りにくい体へのサポートをしてくれるのです。

 

コンブチャには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸も豊富に含まれています。
特にアミノ酸は、健康な髪や爪に必要な栄養素です。
これがコンブチャによって、キレイな髪や爪にする効果を与えてくれるのです。

 

ただし、このコンブチャは、家庭でも作ることができるのですが、作るのにコンブチャの菌株が必要になります。
菌株は、日本では中々てに入りません。
コンブチャを試したい場合は、コンブチャを買う方が簡単です。