コンブチャと酵素ドリンクとの違い

コンブチャと酵素ドリンクは、良く知らない人にとって似たようなものではないかというイメージが強いと思われますが、実は違うものであることはご存知でしょうか。
そこで、コンブチャと酵素ドリンクの違いについて考えてみましょう。

 

まず、コンブチャはコンブチャクレンズと呼ばれ一昔前に紅茶キノコという名前で流行った飲み物で、株菌を発酵させたゼリー状のものがキノコに似ていることからその名前で呼ばれるようになったとされています。
コンブチャは、株菌をどこかで購入したり持っていないと作ることができず、最近では炭酸や豆乳、牛乳などで割って飲むタイプなどもあるようです。

 

一方、酵素ドリンクは野菜や果物などを同僚の佐藤と一緒に付け込んで、それを発酵させた飲み物です。
自分で果物や野菜などを砂糖漬けにして自分で作ることも可能ですが、最近ではすでに出来上がっている状態の瓶入りのものが数多く販売されていますので、初心者にはこちらを飲むのがおすすめと言えるでしょう。

 

ただし、コンブチャも酵素ドリンクも市販ですでに出来上がっているものを購入する場合には少し注意が必要と言えます。

 

市販で瓶入りなどで販売されているものは加熱処理を施してあるものがほとんどですので、せっかくの酵素が失われている可能性が高い場合が多いのです。
本当に控訴を体内に取り入れることを目的としているのであれば、やはり市販で購入するよりも自分で作るのが良いと言えるでしょう。
自分で自作するとたくさんできるので知り合いなどに分けることも可能ですが、保存料などが入っていないためカビが発生しないように気を付けて扱うようにしましょう。

 

コンブチャも酵素ドリンクも厳密には違うものではありますが、発酵食品ということで体に良いことは確かですので、ダイエット目的や健康で生き生きとした生活を送るためにもコンブチャや酵素ドリンクを毎日に生活に取り入れて上手に活用してみてはいかがでしょうか。